ラグ通販の情報サイト

ラグを使えばワンランクアップした部屋が作れます。

ラグをうまく使って快適な部屋をつくりましょう

床の上に敷くものとして、マット、カーペット、絨毯など様々な名称がありますが、とりわけ布地のサイズによって名称が使い分けられています。

その中でも一畳から三畳サイズのものを一般的にはラグと呼んでいます。

サイズも様々あり、絨毯ほど重厚感もなく、高価でもなく、扱いやすく洗濯もできる手軽さが便利です。
特徴としては、床全面に敷くものではなく、部分的(ソファーの足元、ベッドサイド、ダイニングテーブルの下)に敷きます。
お部屋のインテリアと合わせて、素材、色、柄、大きさを考慮して簡易的かつ合理的なアイテムです。

機能としては、床から感じる冷気や冷たさを軽減します。昨今の住宅ではフローリングや、コンクリートうちっぱなしなどが主流ですので、底冷えを感じやすい場合があります。
室温の低下も防げるので、寒さ対策として利用することもあります。

防音効果としては、階下への考慮として、布一枚はさむのと、直に床上から響く音は全然変わります。
物を落とした際の落下音も防げますし、物の破損も少なくなります。

防塵効果としては、床上に積もる粉塵は歩行すれば舞い上がりますが、空中に舞い上がるほこりを吸着します。しかし、吸着するからと言ってそのままでいてはダニの温床となります。絨毯と違って便利なところは、自宅の洗濯機で洗えるものがあるということです。お金を出してクリーニングに出す必要もありません。(材質によります)いつでも、きれいさっぱりしたものを敷くことが可能です。

防滑性としては、床では摩擦がなく滑りやすいですが、程よい厚みと、床面との差で滑りにくくなります。

デザインとしては、サイズのほかに形状も様々なものがあります。長方形、正方形、円形、楕円形が主流ですが、動物をかたどったもの、乗り物をかたどったものなど、使用したい部屋に合わせることができます。
また、部屋の中心に敷くと、部屋そのものの印象をガラッとかえる役割も担っています。極端に言えば、黒色から赤色に変えるだけで、シックでモダンな印象のお部屋から、ポップで遊び心のあるお部屋に容易に変身させることができますので、季節ごとにイメージチェンジさせることも楽しさの一つです。
材質は、絨毯ににた毛並から、麻糸で縫った硬めの材質、布の切れ端を紡いだものから、キルトの優しい肌触りのものまで多種多様にあります。

より過ごしやすいお部屋作りを志すのであればラグから考えるのも一つの手です。